今流行りのアノ映画について

昨日の夜
曽根ちゃんにブローを教えてもらって
久しぶりに緊張したのか
両脇が筋肉痛になっている
荒木です。

先日
妻がセックス&ザ・シティー2を
さっそく観てきて
いかに素晴らしい映画だったかを
延々と聞かされました。

僕は映画版は1も観ていませんし
ドラマも妻が熱心に観ているのを
ちらっと横目に観てたくらいなのですが

面白いドラマだなーという印象はありました。

都会の華やかさや
女子が独り生きていく現実的な大変さ
仕事や彼氏から得る喜びや悲しみ
そして
あり得そうであり得ない
べたべたせずに緊張感をもって保たれる
女4人の友情。

この4人の関係にみんなが憧れて
ドラマも映画も大大大ヒット!という話も
頷けます。

アメリカのドラマを観ていると時折
日本人の感覚では考えられない話の進み方や
人間関係の作られ方に
違和感を感じることがあります。
そして
「やっぱガイジンはちがうねー。」
といつも思うのですが

このドラマを(横目で)観ていると
主人公の、喜怒哀楽だけではない
さまざまな種類の感情の描写や
人と人の間にあるビミョーな空気が
「あるある!あるよねー。」
と男の僕ですら思ってしまうほど
普遍的に描かれているんです。

僕が(横目で)観た中で
特に印象に残っているのは
自分の誕生会を友人が企画して
くれたものの「別にもうオトナだし。。」
と気乗りしない主人公が
レストランに1番のりしてしまい
はずかしいなーとか思いながら待ってても
いつまでたっても誰も来ず
それは、いろんな手違いがあって
みんな間に合わなかっただけなんだけど
結果的に誕生会の準備がされたテーブルに
ひとりずっと座らされた後
とぼとぼと独り暮らしの部屋に帰る

っていう、なんともいえないお話です。

そこで描かれていたのは(たぶん)
日常の中に不意にやってくる
オンナの孤独。
ほんとーの深ーい孤独じゃなくて
明日になれば忘れられるくらいの
でもその時は泣きたくなるような
しみじみした寂しさ。

「あ、ガイジンもこういう感覚あるんだー。」
と思ったのを覚えています。

逆にいうと
こういうドラマが日本でもヒットして
共感されるのは
多くのオトナのオンナが以前より、
現実に立ち向かって
たくましく生きていこうとしている
からかもしれません。

強く生きていくことは
不安や寂しさを引き受ける事
でもあるからです。

たしかに
僕の周りを見渡しても
今の3~40代の女性はとても自由で
楽しそうです。

僕が10代の頃に抱いていた
その年ごろの女性像とは全然違います。

そういう人たちと
美容師として接してお話しするのは
もちろん楽しいし、刺激にもなります。

もちろん、20歳そこそこの
若い女性と接するのも当然楽しいし
別の刺激があります。

ただ、多くの場合オトナのオンナからは
強さと裏腹の「影」の部分が感じられて

それが魅力的に感じるのです。

そういう女性たちと接するにつけ
歳をとるのは楽しそうだよ。と
若い人には教えてあげたくなるのです。
[PR]



by fuwafuwabiyousitu | 2010-06-11 16:35 | Comments(0)

福岡市 南区 高宮 愛と希望のフワフワ!美容室
by fuwafuwabiyousitu
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

fuwafuwa!hairsalon

福岡市南区玉川町4-27 オークヒルズ高宮303

定休日:毎週火曜
               
営業時間 10:00~20:00
土曜日 11;00~20:00
日曜日 10:00~17:30

カテゴリ

ブログパーツ

検索

最新のコメント

> たけばやしさん 数..
by fuwafuwabiyousitu at 15:02
ご安産をお祈りしています..
by たけばやし at 21:17
こけんごとね~
by イチロー at 15:37
おぅおぅ! ど派手にヤ..
by 裏曽根 at 20:40
aikoさん、コメント、..
by そね at 00:24

ファン

ブログジャンル

画像一覧